彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

急成長する日本で人々はどう生きたか?

教科書では教えてくれない 昭和の日本

歴史ミステリー研究会著 

レキシミステリーケンキュウカイ 

戦後の日本が生んだ光と影

ISBN978-4-8013-0489-5 C0121 224頁

発売:2020-11-13 判形:文庫 1刷

本体682円+税(税込750円)在庫あり

(在庫は2020/12/04 15:46:31の状況です)
813(y786)t0:k0:s2;j27

教科書では教えてくれない 昭和の日本

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
 日本は太平洋戦争後、約6年半の占領期を経てふたたび独立した。その後「昭和」は約37年間続き、平成へとバトンタッチすることになるが、その間の日本には多くの光と影があった。急成長して生活が向上した反面、現在では考えられないような事件も起こっている。
 本書では、当時の出来事の数々を、当時の写真とともにいま一度検証している。戦後の「昭和」はどんな時代だったのか、当時の息吹が感じられるはずだ。
※本書は弊社より刊行した書籍『戦後昭和の日本』(2016年8月発行)を修正のうえ文庫化したものです。

[目次]
1章 戦争から復興する日本
2章 戦後昭和に生まれた大ブーム
3章 人々を熱狂させた大イベント
4章 新しい国の始まり
5章 戦後昭和を動かした人々
6章 戦後昭和の大事件