彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

お殿さまも楽ではない

大名格差
江戸三百藩のリアル

安藤 優一郎著 

アンドウ ユウイチロウ 

幕府による巧みな大名統制戦略

ISBN978-4-8013-0493-2 C0021 224頁

発売:2020-11-25 判形:4-6 1刷

本体1300円+税(税込1430円)在庫あり

(在庫は2020/12/04 15:46:31の状況です)
439(y438)t0:k0:s0;j1

大名格差<br><span style='font-size:9pt;color:#666;'>江戸三百藩のリアル</span>

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
歴史家、文学博士(早稲田大学)。
江戸をテーマに執筆・講演活動を展開。主要著書に『江戸の間取り』(彩図社)、『お殿様の人事異動』(日経プレミアシリーズ)、『江戸の不動産』(文春新書)、『大名屋敷「謎」の生活』(PHP文庫)など。

[内容]
江戸時代の日本は徳川将軍家が率いる幕府と、三百諸侯と称された大名家が率いる実数約260もの藩が共同統治する時代であった。
大名といっても100万石から1万石まで格差は大きかったが、石高以外にも様々な基準で格付けされた。そうした区分が組み合わされることで家格は決まったが、その基本は将軍との関係である。将軍に近いほど優遇され、遠いほど冷遇された。
そんな幕府による大名統制の実態を、五つの視点から解明。「 石高でみる格差」「将軍との関係でみる格差」「江戸城でみる格差」「江戸藩邸でみる格差」「参勤交代でみる格差」という切り口を通して、未曾有の泰平の世を可能にした、幕府の巧妙な仕掛けに迫る。

[目次]
第一章  石高でみる格差
第二章  将軍との関係でみる格差
第三章  江戸城でみる格差
第四章  江戸藩邸でみる格差
第五章  参勤交代でみる格差