彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

不思議な県境や地名の謎に迫る

知れば知るほど面白い!
日本地図150の秘密

日本地理研究会編 

ニホンチリケンキュウカイ 

地図から読み解く日本はとにかく面白い!

ISBN978-4-8013-0500-7 C0125 224頁

発売:2021-01-15 判形:文庫 1刷

税込750円(本体682円+税)在庫あり

(在庫は2021/04/15 10:49:30の状況です)
4166(y315)t0:k0:s3491;h3851

知れば知るほど面白い!<br> 日本地図150の秘密

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
日本地図を眺めると、まったく読めない地名やおかしな県境など、「おや?」と疑問に思うものがいくつも見つかる。普段は意識することが少ないかもしれないが、実は、こうした疑問をひも解くと日本各地の風習や事件、自然など意外な事実を知ることができるのだ。

・都道府県の半数は県境が確定していない?
・伊豆諸島と小笠原諸島が東京都に編入された理由
・漢字2文字の地名が多いのはなぜ?
・東京に坂が多いのは富士山が原因だった
・戦時中、地図から消された島がある?

地図から日本の姿に迫り、日本地理の秘密を150の項目にわたって徹底解明する。

[目次]
第1章 知られざる県境の秘密
第2章 意外と知らない日本一と世界一
第3章 人に話したくなる地名の秘密
第4章 知れば驚く日本の地形
第5章 地図で読み解く歴史の謎