彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

「日本経済の父」の生涯を鮮烈に描く!

一万円札になった男 【劇画】渋沢栄一伝

伊賀 和洋著 

イガ カズヒロ 

渋沢栄一の人生を漫画化!

ISBN978-4-8013-0507-6 C0095 288頁

発売:2021-02-25 判形:B6カバー付

本体880円+税(税込968円)在庫あり

(在庫は2021/03/03 10:01:31の状況です)
393(y393)t0:k0:s0;j0

一万円札になった男 【劇画】渋沢栄一伝

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
山形県南陽市生まれ。さいとう・たかをに師事し、小池一夫主催の「スタジオシップ」(現・小池書院)に入社。著作に『べしたくん』『大塩平八郎』『実録大阪暴走族列伝 神風連合「日韓連合」対決編』、小池一夫原作の『将軍のボディガード』『男弐』『涙弾』『哀国戦争』『レイザー』、雁屋哲原作の『首領(ドン)』、同県出身の小説家・鳴海丈原作の『美女斬り麗三郎』、田山幸憲原作の『田山幸憲パチプロ日記』など多数。

[内容]
みずほ銀行、日本製鉄、東京海上日動、キリンビール、王子製紙、日本郵船……。
生涯に500を超える企業、600を超える社会事業の創設に携わり、明治日本の礎を築いた渋沢栄一。
武蔵国の農家に生まれた男はいかにして「日本近代経済の父」と称されるまでになったのか?
渋沢栄一の激動の生涯を劇画で鮮烈に描く――!