彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

「名画って何がすごいの?」そんな疑問が解決!

いちばんやさしい 西洋美術の本

ミニマル著/BLOCKBUSTER著 

ミニマル/ブロックバスター 

教養として知っておきたい西洋美術のキホンがよくわかる!

ISBN978-4-8013-0521-2 C0071 128頁

発売:2021-04-23 判形:4-6 1刷

税込1000円(本体909円+税)在庫あり

(在庫は2021/08/02 10:26:31の状況です)
6323(y291)t0:k0:s5971;h6032

いちばんやさしい 西洋美術の本

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
◎ミニマル
「食」「カルチャー」から「マナー」「教育」まで、さまざまなテーマのコンテンツ制作を行っている編集プロダクション。丸茂アンテナ、萩原あとり、山本大樹(外部編集)、森美和子、瀧澤麻里絵が編集・執筆を担当。

◎BLOCKBUSTER(ブロックバスター)
デザイナー、イラストレーター、ライター、フォトグラファーなどで構成されたクリエイターチーム。書籍や雑誌記事、ウェブコンテンツの制作を手がけている。後藤亮平がイラストを担当。

[内容]
古代ギリシア美術が源流とされる西洋美術は、長い歴史のなかでさまざまに発展してきました。布教のため、権力や教養を誇示するため、そして個人の表現を追求するため。歴史的に重要とされる作品には注目すべき時代背景があります。

そこで本書では、美術鑑賞がさらにおもしろくなるような歴史の知識を、イラストや図版を用いながらやさしく解説していきます。

レオナルド・ダ・ヴィンチやフェルメール、モネ、ゴッホ、クリムト、ピカソ……
彼らがなぜ人気を誇るのか、傑作が傑作といわれる所以はなんなのか。これを知り、「有名な芸術家だから」と美術展に足を運ぶのでは得られない、作品との出合いを楽しんでいただけたら幸いです。

[目次]
第1章 西洋美術ってどんなもの?
第2章 西洋美術を読み解く―ギリシア美術~マニエリスム
第3章 西洋美術を読み解く―バロック・ロココ
第4章 西洋美術を読み解く―新古典主義~写実主義
第5章 西洋美術を読み解く―印象派~分離派
第6章 西洋美術を読み解く―20世紀美術~現代へ