彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

真珠湾攻撃がアメリカに察知されていたというのはウソ

最新研究でここまでわかった
日本の戦争史 通説のウソ

日本史の謎検証委員会編 

ニホンシノナゾケンショウイインカイ 

戦争史の新常識がわかる

ISBN978-4-8013-0548-9 C0021 224頁

発売:2021-08-25 判形:4-6 1刷

税込1000円(本体909円+税)在庫あり

(在庫は2021/09/22 09:11:30の状況です)
686(y474)t0:k0:s129;h212

最新研究でここまでわかった<br> 日本の戦争史 通説のウソ

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
「日本人が太平洋戦争後に従軍していないというのはウソ」
「盧溝橋事件が日中の全面戦争を決定づけたというのはウソ」
「治承・寿永の乱が源氏と平氏の戦いというのはウソ」
「徳川家康は石田三成の挙兵を察知していたというのはウソ」
など、戦争にまつわる新常識・新説を、計4章を通じて紹介! 人物、戦術戦略、政治、戦後の4つのテーマから、戦争史の新視点がわかる。

[目次]
第一章 人物にまつわるウソ
―戦争の英雄と悪人の実像―
第二章 戦術戦略にまつわるウソ
―こんなに変わった戦場の新常識―
第三章 政治にまつわるウソ
―開戦前後の駆け引きの実態―
第四章 戦後にまつわるウソ
―戦いがもたらした変化に迫る―