彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

痛快かつ壮絶なノンフィクション闘病記

アイアム精神疾患フルコース

瀧本 容子著 

タキモト ヨウコ 

うつ病、パニック障害、複雑性PTSD…etc.

ISBN978-4-8013-0553-3 C0095 320頁

発売:2021-10-27 判形:4-6 1刷

税込1650円(本体1500円+税)未刊

アイアム精神疾患フルコース

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1974年、大阪生まれのカラダ張りまくり系実践ライター。20歳から大阪を拠点に一般情報誌の編プロや出版社勤務を経た後、フリーのライター・編集者に。27歳で東京に拠点を移し、サブカルチャー誌を主戦場に、潜入取材記事や体験ルポを積極的に寄稿。自身の経験を活かした精神病・精神薬・メンヘラネタから、文房具・教科書校正までマルチに手がける。

鬱病番長(ブログ)http://utsuban.com
Twitter @405sexy

[内容]
24歳の精神病発症から始まって、47歳現在まで、14の精神病と闘ってきたけれど、それでもわたしは、生きている。わたしのように毎日が生きづらかったりで、実に様々な精神疾患と闘っている皆に、読んでもらったり知ってもらえるならばと、もしも共感しあえてお互いに少しでも救われるならと、この本を書いたのかもしれない。

精神病だからって全部が全部、不幸だらけの人生でもない。どうせ人間放っておいても、確実に死ぬ時はやってくる。ならば、まず「今日生きてみること」を目標に、今日なんとか生きてみた、明日もとりあえず生きてみるかと、死ぬことを先延ばし先延ばしにしながら、最後まで生ききってみるのもありじゃないだろうか。

仕事、友人、人間関係。心が疲れたすべての人々に、この本を捧げます。


<イラスト:山本直樹>

[目次]
第1章 予兆
第2章 しあわせ
第3章 蟻地獄
第4章 贖罪
第5章 実践系エロライター
第6章 リタリン
第7章 精神病院
第8章 ただいま
第9章 お疲れさまといってやって
第10章 アホチ
第11章 合法ドラッグ
第12章 悪い予感
第13章 アイアム精神疾患フルコース