彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

秘蔵写真で蘇える、プロレス黄金時代!

レジェンド
プロレスカメラマンが撮った80~90年代外国人レスラーの素顔

大川 昇著 

オオカワ ノボル 

マスカラス、テリー・ファンク、ブロディ、ブッチャー…

ISBN978-4-8013-0558-8 C0095 304頁

発売:2021-10-27 判形:4-6 1刷

税込1760円(本体1600円+税)未刊

レジェンド<br><span style='font-size:9pt;color:#666;'>プロレスカメラマンが撮った80~90年代外国人レスラーの素顔</span>

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
大川昇(おおかわ・のぼる)
1967年、東京都出身。東京写真専門学校を中退し、『週刊ファイト』へ入社。その後、『週刊ゴング』写真部で8年間、カメラマンとして活動。1997年10月よりフリーとなり、国内のプロレスだけでなく、年に3、4度はメキシコへ行き、ルチャリブレを20年間撮り続けてきた。現在、東京・水道橋にてプロレスマスクの専門店「DEPO MART」を経営。

[内容]
ミル・マスカラス、テリー・ファンク、アブドラーザ・ブッチャー、ブローザー・ブロディ、スタン・ハンセン、タイガー・ジェット・シン、ザ・ロードウォリアーズ……。
いずれも日本のプロレス史に名を残す、レジェンドレスラーである。
そんな伝説の名レスラーたちを、誰よりも近くで写真におさめてきた男がいる。
元『週刊ゴング』のカメラマン・大川昇である。
プロレスの巡業を追って日本全国を巡り、マスカラスを訪ねてメキシコに飛び、アメリカのテキサス州アマリロでテリー・ファンクの戦いを撮影する。
昭和・平成を彩ったスターレスラーの素顔を、プロレス愛に溢れた秘蔵写真と秘蔵エピソードで振り返る。特別インタビューとして「藤波辰爾、小橋建太が語る最強外国人レスラー」2編を収録! 美麗写真多数! プロレスファン必携の一冊!

[目次]
【第一章】憧れの〝仮面貴族〟ミル・マスカラス
【第二章】〝永遠のアイドル〟テリー・ファンク
【第三章】全日本プロレスの外国人レジェンド
【第四章】新日本プロレスの外国人レジェンド
【第五章】アメリカンプロレスのレジェンド
【第六章】ルチャリブレのレジェンド