彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

大量の写真と図で見る終戦直後のリアル

ビジュアル版 終戦直後の日本

歴史ミステリー研究会編 

レキシミステリーケンキュウカイ 

戦争の後、人々はどうやって生きたのか?

ISBN978-4-8013-0615-8 C0021 80頁

発売:2022-07-25 判形:B5 1刷

税込990円(本体900円+税)在庫あり

(在庫は2022/08/17 09:35:31の状況です)


1602(y1176)t0:k0:s426;j426;(c9000)

ビジュアル版 終戦直後の日本

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
敗戦はすべての日本人を窮状に陥れた。
生きのびるために必死な人々は路上や洞窟で暮らし、ヤミ市で食べ物をあさる。その隣ではかつて「鬼畜」と呼んでいた米兵が闊歩し、チョコレートを配っていた。過去の秩序や価値観がひっくりかえった時期でもあった。

現在と比べるとあらゆるものが劣悪だったにも関わらず、ある意味では活気に満ちていた日本の様子を、人々の生活・混乱・文化などさまざまな面から、豊富な写真とともに紹介。主権回復までの軌跡をたどる。

※本書は弊社より刊行した書籍『終戦直後の日本 教科書には載っていない占領下の日本』
(2020年8月発行)をビジュアル版として再編集したものです。

[目次]
1章 戦争の後始末
2章 生きるための戦い
3章 勝者と敗者
4章 混乱と事件
5章 立ち上がる人々