彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。お知らせ

書籍情報

自分が嫌い,何もかも上手くいかない…そんな僕が変われた理由

自己肯定感が低かった僕が自分を好きになれるまで

赤星 次郎著 

アカホシ ジロウ 

生きづらさの原因は「自己肯定感」の低さでした

ISBN978-4-8013-0617-2 C0095 136頁

発売:2022-10-25 判形:A5 1刷

税込1320円(本体1200円+税)在庫あり

(在庫状態は2024/05/27 12:12:31の状況です)


1055(y271)t0:k0:s782;j784;(c1491;o2991)

自己肯定感が低かった僕が自分を好きになれるまで

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
自信がない。
やりたいことがやれない。
周りの視線を気にしてしまう。
自分が嫌い。
そんな「自己肯定感」が低かった著者が、40歳を目前にして自分の足枷に気付き、人並みの自己肯定感を手に入れるまでを描いたコミックエッセイ。
母に褒められたかった幼少期、器用な兄の背を追い続けた少年期、暗黒の高校時代……ずっと自分はダメだと思っていたけれど、それが「思い込み」だと気付いてからは、あの頃の自分の頑張りを認めてあげられるようになりました。

「自信がないのに褒められたい」「自分が嫌いなのに認めてほしい」
そんな生きづらさを抱える人のための一冊です。

[目次]
第1章 自己肯定感が低かった僕
第2章 自己肯定感が低いと気づくまで
第3章 自己肯定感が高くなるまで


[著者略歴]
イラストレーター。
幼少期に母親から絵を褒められたのをきっかけに美術系の大学へ進学。一度は事務の仕事に就くが、紆余曲折を経てイラストの道に進み、現在に至る。