彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。お知らせ

書籍情報

お酒にまつわる珠玉の15編!

文豪たちが書いた「酒」の名作短編集

彩図社文芸部編 

サイズシャブンゲイブ 

文豪たちの人間味あふれる

ISBN978-4-8013-0634-9 C0193 192頁

発売:2022-11-15 判形:文庫 3刷

税込750円(本体682円+税)在庫あり

(在庫状態は2024/05/27 12:12:31の状況です)


3274(y607)t0:k0:s2654;j2667;(c1685;o214)

文豪たちが書いた「酒」の名作短編集

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]

私たちの生活と切っても切れない関係にある、お酒。
愉しく飲む人、浴びるように飲む人、味にこだわる人。お酒の楽しみ方は千差万別ですが、それは名だたる文豪たちも同じだったようです。
酒を求めた〝飲んべえ〟たちが繰り広げるドタバタ劇が楽しい夢野久作「ビール会社征伐」や、酔った時の奇妙な癖をユーモラスに描いた梅崎春生「百円紙幣」、はたまた酒飲みの美学を端正に語る林芙美子「或一頁」まで……。本書では、文豪たちのお酒にまつわるエッセイや短編小説をセレクトして掲載しました。
ミステリアスな文豪たちの人間味が溢れる珠玉の15編。ぜひ、今夜の晩酌のお供にお読みいただけますと幸いです。

[目次]
「酒のあとさき」坂口安吾
「ビール会社征伐」夢野久作
「呑仙士」夢野久作
「こまどりと酒」小川未明
「一年の計」佐々木邦
「或一頁」林芙美子
「異国食餌抄」岡本かの子
「百円紙幣」梅崎春生
「酒虫」芥川龍之介
「福翁自伝」福澤諭吉
「三鞭酒」宮本百合子
「チュウリップの幻術」宮沢賢治
「酒の追憶」太宰治
「禁酒の心」太宰治
「太宰治との一日」豊島与志雄