彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。お知らせ

書籍情報

元関脇・貴闘力が相撲界の闇をぶっちゃける

大相撲土俵裏

貴闘力著 

タカトウリキ 

八百長、野球賭博、裏社会…

ISBN978-4-8013-0721-6 C0195 224頁

発売:2024-05-15 判形:文庫 1刷

税込825円(本体750円+税)改装中

(在庫状態は2024/07/16 15:40:31の状況です)


795(y0)t406:k:s359;j389;(c1439;o1439)

大相撲土俵裏

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
2022年から開始したYouTubeチャンネル「貴闘力部屋~相撲再生計画~」が、みなさんのおかげで2024年4月時点でチャンネル登録者数35万人を突破いたしました。
相撲業界の土俵裏には八百長や裏金、裏社会との繋がりなど悪しき風習が山ほど残っています。これまで、私の子どもたちが角界入りしたことにより、事実を言うことができませんでした。
しかし、この本が相撲業界の未来の発展に一役買うことを願って、10年の沈黙を経て全てここに告発いたします。

※本書は2022年10月に小社より刊行した『大相撲土俵裏』を文庫化したものです。

[目次]
1章 力士の金銭事情と当たり前の八百長
2章 裏社会と大相撲
3章 野球賭博の闇
4章 力士たちの土俵裏
5章 おかしすぎる相撲業界のシステム
6章 名門・二子山部屋の裏話


[著者略歴]
1967年9月28日生まれ。
15歳で元大関・貴ノ花の藤島部屋に入門。最高位は関脇。
2002年9月場所で現役を引退後は「大嶽」を襲名し、大鵬部屋に移籍する。
相撲協会を離れてからは実業家として焼肉店を経営。2020年から開始したYouTubeチャンネル「貴闘力部屋〜相撲再生計画〜」では角界のタブーにも忖度なしに切り込み、大相撲の人気を復活させるべく活動している。