彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

フィクションが痛い!

青春の裸像
 ―自分ともう一人の自分・そして二通りの結末―

三生 康詩著 

ミオ ヤスシ 

フィクションが痛い!

ISBN4-88392-528-5 C0193 512頁
(ISBN9784883925285)

発売:2006-02-20 判形:文庫 1刷

本体750円+税(税込810円)取扱終了

(在庫は2019/04/18 09:51:30の状況です)
0(y0)t0:k0;h0

青春の裸像<br><span style='font-size:9pt;color:#666;'> ―自分ともう一人の自分・そして二通りの結末―</span>

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
フィクションが痛い!
現代人は、心の中に、もう一人の自分を持っている。
――思えば、それは現代の若者世代に顕在化した引きこもりやニートへの道だった。
……岐路に立ったあの時、もしその選択をしていたらどうなっていたか。ここに描かれた「一人の自分」は虚像である。
にもかかわらず、今、社会や組織の中で折合いを付けながら生きる、実像であるはずの「もう一人の自分」の心を、痛打する。

[目次]
第一部 Trial・試練
第二部 Against・逆風
第三部 Reentry・再突入
第四部 Final・終焉