彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

職場や家庭で使える心理術が満載!

「なぜか許される人」がやっている24の習慣

小林 奨著 

コバヤシ ショウ 

「怒られる」→「許される」に変わる!

ISBN978-4-8013-0288-4 C0036 224頁

発売:2018-03-12 判形:4-6 1刷

本体1200円+税(税込1296円)在庫あり

(在庫は2018/08/17 10:18:31の状況です)
2333(y257)t0:k20;h2076

「なぜか許される人」がやっている24の習慣

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
東京都生まれ。中央大学法学部卒業後、大手印刷会社に入社。在職中、会社のメンタルヘルスについて考える中で心理学に興味を持ち、より専門的に学ぶために会社を退職。その後、都内の心理系大学院に進学し、交流分析をはじめ、様々な理論を学ぶ。「多くの人の役に立てる本」「一人だけでなく、大勢で読みたくなる本」を書くために、従来「恋愛心理学」「ビジネス心理学」の世界で使われてきた「社会心理学」をはじめとした、幅広い理論や知識を活かしたライター業を行っている。無類の猫好き。お酒は好きだが、あまり飲めない。
著書に『「ドラえもん」に学ぶ ダメな人の伸ばし方』『「らく」に生きる技術』『『SLAM DUNK』に学ぶ「癖のある部下」の活用術』(彩図社)、『「ブラックジャックによろしく」から読み解く 面倒くさい人と上手につきあう心理学』(こう書房)などがある。

[内容]
悪気はないのに、なぜか他人を怒らせてしまう。良かれと思ってやったことが、かえってひとをイラつかせてしまう。世の中には、そんな
残念な人がいます。その一方で、なぜかミスをしてもあまり怒られない人も…。その違いはどこからくるのでしょうか? 人柄のせい? 
いいえ、違います。実は「許されない人」は、知らず知らずの間に「人を怒らせる行動」をとってしまっているのです。
本書では、「人を怒らせやすい」人を性格別に4つのタイプに分類。それぞれにキャラクターを設定し、シチュエーションごとに「怒らせる原因」を分析。どうすれば「許される人」になれるのか、その方法を心理学的に解説します。