彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

不可能を可能にする驚異のテクニック!

地下経済の最新手口に学ぶ ワルの経済教室

多田 文明著 

タダ フミアキ 

金を生み出すワルの最新手口を大解明!

ISBN978-4-8013-0328-7 C0195 192頁

発売:2018-09-10 判形:文庫 1刷

本体648円+税(税込700円)在庫あり

(在庫は2018/12/11 09:56:31の状況です)
4797(y404)t0:k0;h4393

地下経済の最新手口に学ぶ ワルの経済教室

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
ルポライター、キャッチセールス評論家、詐欺・悪質商法アナリスト。
1965年北海道旭川市生まれ。日本大学法学部卒業。雑誌『ダ・カーポ』にて「誘われてフラフラ」の連載を担当。2週間に一度は勧誘されるという経験を生かしてキャッチセールス評論家になる。これまでに街頭からのキャッチセールス、アポイントメントセールスなどへの潜入は100ヶ所以上。キャッチセールスのみならず、詐欺・悪質商法、ネットを通じた騙しのビジネスに精通する。
著書に『ついていったら、こうなった』『なぜ、詐欺師の話に耳を傾けてしまうのか?』(ともに彩図社)、『ワルに学ぶ 黒すぎる交渉術』(プレジデント社)、『絶対ダマされない人ほどダマされる』(講談社+α新書)、『迷惑メール、返事をしたらこうなった。』(イースト・プレス)など。

[内容]
善良な一般市民を食い物にする、詐欺や悪質商法、カルト宗教といった地下経済。ワルたちがターゲットを巧みに操作し、大金を手にできている理由は、ワルたちが実践している「ウラのビジネステクニック」にあった。大勢の中から詐欺に最適なターゲットをピンポイントで選び出す、高度なマーケティング能力。ターゲットの心を丸裸にする会話術。そして、ターゲットの財布から大金を引き出す交渉術……。その黒いビジネステクニックの中には、オモテのビジネスで応用できるものもある。『ついていったらこうなった』(小社刊)でお馴染みの詐欺・悪徳商法アナリストの多田文明が地下経済の最新手口を解明。そこで使われている驚きのテクニックを明らかにする!