彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

ビジネスでも使える、文系でもよくわかる133語

日常会話で使いたい 数学用語事典

上原 博明著 

ウエハラ ヒロアキ 

便利でおもしろくて、日常会話で役に立つ

ISBN978-4-8013-0353-9 C0095 256頁

発売:2019-02-15 判形:4-6 1刷

本体1300円+税(税込1404円)在庫僅少

(在庫は2019/06/19 09:13:30の状況です)
1499(y15)t0:k100:s1325;j1484

日常会話で使いたい 数学用語事典

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1984年、東京生まれ。
早稲田大学 先進理工学研究科 物理学及応用物理学専攻 修士課程卒業。
現在、省庁に勤務する傍ら執筆活動に従事。

[内容]
この事典は、難解な数学用語をわかりやすく解説し、日常会話の様々なシーンで使えるように紹介していくことを目的としています。本書で皆さんにお伝えしたいこと、それは数学が「日常会話にはない便利な表現の宝庫」だということです。
数学を学んでいると、日常言語では明確に表現できなかったものが、端的かつ適切に言い表せる概念・用語に満ちていることに気づかされます。数学は抽象的思考に大変特化した学問であり、その中には日常なんとなくあいまいな表現をして済ませてしまうものにも、明確に定義された便利な概念が用意されています。

数学用語に限らず、哲学用語や「外来語であるカタカナ語」を日常会話に取り入れることで思考の幅を拡げることができます。
なぜなら、今まで使ったことのない用語や概念を取り入れることで、私たちは「今まで考えることすらなかったこと」について考えることができるようになるからです。

執筆・編纂にあたっては、日常会話に馴染みやすいように「厳密さや精度」よりも「大づかみに数学用語を理解できること」を重視しています。また、どのような場面で使えるのかがわかるように、それぞれの数学用語に使用例を載せています。さらに、数学用語だけにとどまらず、単位・尺度に関する便利な用語にも裾野を拡げて紹介していきます。(「はじめに」より)

[目次]
第1章 グラフ・代数に関する用語
狭義の増加・減少/カテナリー曲線/依存領域/対数関数的/コンター図/短除・長除 など

第2章 論理・集合に関する用語
入れ子集合族/推移的・不推移的/全順序集合/対称差/互いに排反/全単射/循環論法 など

第3章 幾何学に関する用語
ねじれ角柱/双円錐/球状楔/角距離/ステラジアン/局所的・大域的/フラクタル など

第4章 確率・統計学に関する用語
偶然誤差/大数の法則/複合事象/暗数/移動平均法/最頻値/相関/因子分析 など

第5章 ゲームに関する用語
不確定ゲーム/同時進行ゲーム/着手対称ゲーム/非協力ゲーム/有限ゲーム など

第6章 単位・尺度に関する用語
ルーメン/アラバスター/デシベル/パスカル秒・ポアズ/風力階級/国際苦味単位(IBU) など