彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

洗脳、蘇生実験、動物兵器開発、AIの進化……

封印された科学実験

科学の謎検証委員会編 

科学の謎検証委員会 

33の実験から人間の恐ろしさが見える

ISBN978-4-8013-0363-8 C0195 224頁

発売:2019-03-11 判形:文庫 1刷

本体648円+税(税込700円)在庫あり

(在庫は2019/07/18 15:57:31の状況です)
5057(y384)t0:k0:s4607;j4673

封印された科学実験

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
科学は我々に豊かさをもたらす一方で、ときには危険な結果を招いてしまう。ふとしたきっかけでその危うさが明らかになることもあれば、科学者が好奇心や功名心を満たそうとあえて取り組むこともある。
本書ではそのような科学史に残る危険な実験を紹介!
洗脳に利用された「ゲシュタルト崩壊」、権力が人を別人に変えることを証明した「スタンフォード監獄実験」、米ソが競い合った「超能力者開発実験」など、33の項目から科学の裏側に目を向ける。

※本書は2016年9月に刊行された単行本を再編集したうえで文庫化したものです。

[目次]
第1章 人の心を支配する恐怖の心理実験
第2章 世間を騒がせた驚異の人体実験
第3章 軍事利用のために行われた科学実験
第4章 狂気の国家プロジェクトと最新科学実験