彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

クエン酸が体の代謝を活性化し、がん細胞を消す!

クエン酸ががんを消す
代謝をターゲットにしたがん治療の効力

福田 一典著 

フクダ カズノリ 

ISBN978-4-8013-0392-8 C0047 224頁

発売:2019-07-25 判形:4-6 1刷

本体1500円+税(税込1650円)在庫あり

(在庫は2019/11/18 09:16:30の状況です)
1069(y93)t0:k100:s876;j976

クエン酸ががんを消す<br> 代謝をターゲットにしたがん治療の効力

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
昭和28年福岡県生まれ。昭和53年熊本大学医学部卒業。
熊本大学医学部(外科)、久留米大学医学部(病理学)、北海道大学医学部(生化学)、米国バーモント(Vermont)大学医学部(生化学)にてがんの臨床や基礎研究を行う。
平成4年から株式会社ツムラ中央研究所にて漢方薬理の研究に従事し、平成7年から国立がんセンター研究所にてがん予防の研究を行なう。
平成10年から岐阜大学医学部東洋医学講座にて、東洋医学の臨床および研究や教育に従事。
平成14年5月に銀座東京クリニックを開設し、がんの漢方治療と補完・代替医療を実践している。

[内容]
がん(癌)は、体内の一部の細胞が遺伝子の異常によって無制限に増殖するようになり、周囲の正常組織を破壊し、さらに他の臓器に転移し、最終的には人間を死にいたらしめる病気です。(中略)
数多くの治療法や補完・代替療法がある中で、本書で紹介するのは「クエン酸を摂取する」「がん細胞内のクエン酸の量を増やす」という治療法です。体内およびがん細胞内のクエン酸の量を増やして、がん細胞の増殖を抑える治療法です。(中略)
本書では、クエン酸摂取が体の治癒力を高める理由と、クエン酸ががん細胞の増殖を阻止するメカニズムを解説しています。
さらにがん細胞内のクエン酸の量を増やしてがん細胞の増殖を抑える方法を紹介します。がん細胞の物質代謝とエネルギー産生の特徴を利用したがん治療法です。
この「がんのクエン酸療法」を多くのがん患者さんに知っていただき、がん克服に役立てていただきたいと願っています。
(「はじめに」より)

[目次]
第1章 代謝をターゲットにしたがん治療が注目されている
第2章 クエン酸は代謝を活性化し体の治癒力を高める
第3章 クエン酸は私たちの細胞内で作られている
第4章 細胞はグルコースを燃焼してエネルギーを得ている
第5章 がん細胞は酸素を使わないでエネルギーを産生している
第6章 クエン酸は多彩な機序でがん細胞の増殖を抑える
第7章 がん細胞のクエン酸を増やすと死にやすくなる
第8章 クエン酸飲用でがんが縮小する?
第9章 クエン酸の脂肪酸合成促進作用を阻害するメトホルミン
第10章 メバロン酸経路を阻害するスタチンとトコトリエノール
第11章 ケトン食は様々な機序でがん細胞の増殖を抑制する
第12章 2―デオキシ―D―グルコースと高濃度ビタミンC点滴は解糖系を阻害する