彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

未知なる強豪求めて世界を巡る!

東郷見聞録
世界一周プロレス放浪記

ディック 東郷著 

ディック トウゴウ 

血沸き肉躍る旅の記録!

ISBN978-4-8013-0425-3 C0095 292頁

発売:2019-12-25 判形:4-6 1刷

本体1600円+税(税込1760円)在庫あり

(在庫は2020/04/01 16:28:30の状況です)
795(y186)t0:k0:s566;j609

東郷見聞録<br><span style='font-size:9pt;color:#666;'>世界一周プロレス放浪記</span>

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
ディック東郷
●170cm/90kg●得意技/ダイビングセントーン、クロスフェイスロック●タイトル歴/KO-D無差別級王座、東北ジュニアヘビー級王座、英連邦ジュニアヘビー級王座、IWGPJr.タッグ王座 ほか●入場テーマ/Cypress Hill “Insane In The Brain”
1969年8月17日生まれ。秋田県出身。高校卒業後、製紙会社勤務を経て91年ユニバーサル・プロレスリングよりデビュー。98年WWF入り。帰国後はみちのくプロレス、DDTなど多くの団体で活躍。2004年にはプロレスラー養成所SUPER CREWを立ち上げる。11年6月に国内引退。同年8月からワールドツアーを敢行し12年9月ボリビアで引退。16年7月に電撃復帰。その技術の高さから〝レスリングマスター〟とも呼ばれ、国内外で試合・選手の指導を行う。プライベートでも海外旅行好きで、いちばん好きな国はキューバ。リングを下りれば動物、スイーツを愛する一面も。

[内容]
「敬愛するチェ・ゲバラ終焉の地、ボリビアでプロレスを引退する」

2011年1月、プロレス引退を決意したディック東郷はバックパックを背負い、日本を旅立った。目指すは南米・ボリビア。世界各地でリングに上がりつつ、チェ・ゲバラ終焉の地で引退しようという、プロレス放浪旅の始まりである。オーストラリアを皮切りにイギリス、ドイツ、ベルギーなどヨーロッパ諸国を回り、アメリカ、メキシコを経て南米へと抜ける。
日本では考えられないような劣悪な環境下での試合、立ちはだかる世界の強豪、リングに夢をかける若者たち、そして言葉の壁を超えた熱き友情……。
世界を巡る中で、ディック東郷は何を見たのか? 魂が燃える、かつてない旅の記録!

[目次]
【第一章】オーストラリア編
【第二章】ヨーロッパ編
【第三章】アメリカ編
【第四章】メキシコ、グアテマラ編
【第五章】ペルー、エクアドル編
【第六章】チリ編
【第七章】アルゼンチン編
【第八章】ボリビア編