彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

水戸黄門は庶民の味方ではなかった

最新研究でここまでわかった
江戸時代 通説のウソ

日本史の謎検証委員会編 

ニホンシノナゾケンショウイインカイ 

江戸時代の新常識を網羅!

ISBN978-4-8013-0429-1 C0021 224頁

発売:2020-01-24 判形:4-6 1刷

本体909円+税(税込1000円)在庫あり

(在庫は2020/04/08 11:08:30の状況です)
2891(y228)t0:k0:s419;j2663

最新研究でここまでわかった<br> 江戸時代 通説のウソ

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
「徳川家康は神経質で怒りやすかった」「江戸が百万都市というのは推測」「赤穂浪士は仇討ちをするつもりはなかった」「武士以外の庶民も苗字を持っていた」……。最新研究でわかった江戸の新常識を、49項目にわたって紹介。時代劇とはまったく異なる、江戸時代の真実に迫る。

[目次]
第一章 人物にまつわるウソ
第二章 政治にまつわるウソ
第三章 事件にまつわるウソ
第四章 制度にまつわるウソ
第五章 文化にまつわるウソ