彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

なぜ、理性的なドイツ国民がヒトラーの意のままに動かされたのか?

ヒトラーの大衆扇動術

許 成準著 

ホ ソンジュン  

民衆の心を掌握し、総統の地位に登り詰めた心理術を分析

ISBN978-4-8013-0434-5 C0131 272頁

発売:2020-02-10 判形:文庫 1刷

本体682円+税(税込750円)在庫あり

(在庫は2020/04/08 11:08:30の状況です)
2978(y2102)t0:k0:s710;j876

ヒトラーの大衆扇動術

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
2000年KAIST(国立韓国科学技術院)大学院卒(工学修士)。
ゲーム製作、VRシステム製作、インスタレーションアートなど、様々なプロジェクトの経験から、組織作り・リーダーシップを研究するようになり、ビジネス・リーダーシップ関連の著作を多数執筆。
主な著書に『超訳 孫子の兵法』『超訳 君主論』『超訳 資本論』『超訳 論語―孔子に学ぶ処世術―』『超訳 アランの幸福論』『超訳 韓非子―リーダーの教科書―』(全て小社刊)、『一時間で読めるマキャベリの君主論』などがある。

[内容]
現代社会で仕事を成功させようと思えば、人を説得しなければならないという場面に常に出くわすものだ。しかし、人は何か得るものがなければ、他人が望むとおりに動くことはない。
たとえ上司という命令ができる立場であっても、部下を思いどおりに動かすことは容易ではない。多くの人が「他人を動かすのは難しい」と嘆き、「対人関係に最もストレスを感じる」と言うのである。
ところが、数千万の人々を集団催眠にかけ、自分の意のままに操った人物がいる。それが、アドルフ・ヒトラーだ。

一般的にヒトラーは、第二次世界大戦を起こしてユダヤ人を虐殺した人物だとしか知られていないが、詳しく調べてみると、政治扇動術を今のような形に完成させた人物だったことが分かる。

本書は、ヒトラーの使った心理操作テクニックの全てを分析し、その技法を正しい目的のために応用することを目指している。


※本書は2010年7月に小社より刊行された『ヒトラーの大衆扇動術』を修正の上、文庫化したものです。