彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。(ツイッターで新刊情報やイベント情報を発信しています

書籍情報

夢に見ただけで命を落とす洞窟がある?

本当は怖い 日本の聖地

古代ミステリー研究会編 

コダイミステリーケンキュウカイ 

聖なる地に秘められた50の物語

ISBN978-4-8013-0460-4 C0039 224頁

発売:2020-06-25 判形:4-6 1刷

本体909円+税(税込1000円)在庫あり

(在庫は2020/09/24 11:48:30の状況です)
5141(y163)t0:k0:s2762;j4978

本当は怖い 日本の聖地

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
日本の聖地は、清らかで厳かな場所ばかりではない。呪いやたたり、怨念といった禍々しい伝説が残っていたり、いまだ明らかにされていない謎に満ちている聖地も少なくない。
「地上を死の世界とつなぐ出雲大社誕生の秘密」「転ぶとたたりで命を落とす? 対馬の太陽信仰の地」「黄金と不老長寿の象徴? 修験道の聖地・大峰山」「清水の舞台は死体を遺棄する場所だった?」「夢に見ると命を落とす 出雲の葬送場所だった猪目洞窟 」など、聖地にまつわる怖いエピソードを多数収録。聖地の真の姿が浮かび上がる。

[目次]
第一章 聖地に残る怖い信仰
第二章 聖地とあの世の奇怪な関係
第三章 言ってはいけない聖地の呪い
第四章 聖地に伝わる怪異伝説
第五章 聖地で起きた歴史的事件