彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

ベトナム、ネパール、ブラジル、ナイジェリア、フィリピン……

ルポ外国人マフィア
勃興する新たな犯罪集団

真樹 哲也著 

マキ テツヤ 

本物のマフィアに命懸けの取材

ISBN978-4-8013-0522-9 C0095 264頁

発売:2021-05-25 判形:4-6 1刷

税込1650円(本体1500円+税)在庫あり

(在庫は2021/08/02 10:26:31の状況です)
859(y173)t0:k50:s505;h686

ルポ外国人マフィア<br><span style='font-size:9pt;color:#666;'>勃興する新たな犯罪集団</span>

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1985年、北関東出身。フリーライター。
裏社会に入り込んで取材をし、アンダーグラウンド記事を書くことを得意としている。公安警察関係など数々の情報機関ともやり取りを行い、著書多数。本書の取材では身の危険を感じたため新たな筆名で執筆した。裏社会の取材を行う中で彼らに取り込まれないようにすることに注意している。

[内容]
暴力団が衰退し、新たな犯罪集団としてニュースを賑わせる「半グレ」や「外国人マフィア」。
特に外国人マフィアが関与する犯罪の件数は飛躍的に増加している。
本書では、本物のマフィアに命懸けの取材を慣行。
ベトナムマフィア、ネパールマフィア、ブラジルマフィア、ナイジェリアマフィア、フィリピンマフィアのメンバーに接触してインタビューを行い、時には脅迫を受け、手痛い暴行を受けることさえあった。取材の中で見えてきた外国人マフィアの実像とは? そして日本と外国人との関係性とは?
令和時代の最も深くて熱いルポルタージュ。

【草下シンヤ絶賛!】
ネパール人にハンマーで攻撃され、ベトナム人に「殺すぞ」と告げられ、信じていたフィリピンの少女に裏切られ、巨漢のナイジェリア人に筋弛緩剤を飲まされる。
そうして少しずつマフィアの核心に迫っていく。
嫉妬すら覚えるこれが“本物の取材”だ。

[目次]
第1章 ベトナムマフィア ―外国人技能実習制度の闇―
第2章 ネパールマフィア ―暴力事件を繰り返す新興勢力―
第3章 ナイジェリアマフィア ―ぼったくりバーと六本木パケ―
第4章 フィリピンマフィア ―犯罪を仕事にした若者たち―
第5章 ブラジルマフィア ―暴力団が混在する街で蠢くもの―
第6章 現役ヤクザ幹部に聞く外国人マフィアの見解