彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

お医者さんが教える正しい大麻の知識

お医者さんがする大麻とCBDの話

正高 佑志著 

マサタカ ユウジ 

医療大麻って効くの? CBDは使っても平気?

ISBN978-4-8013-0529-8 C0095 256頁

発売:2021-05-25 判形:4-6 3刷

税込1650円(本体1500円+税)在庫あり

(在庫は2021/10/27 09:53:31の状況です)


1434(y1391)t0:k0:s32;h43

お医者さんがする大麻とCBDの話

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1985年京都府生まれ。熊本大学医学部医学科卒。医師。日本臨床カンナビノイド学会理事。2017年に医療大麻に関するエビデンスに基づいた情報発信を行う一般社団法人Green Zone Japanを立ち上げ、代表理事として研究・啓発活動に従事している。

[内容]
貴方がこの本を手にとってくれたのが西暦何年で、日本の大麻を巡る状況がどうなっているのか、私にはわかりません。そして貴方がこの本を手に取った理由も。貴方は大麻草という植物の魅力に気がついたのかもしれないし、CBDというサプリメントに出逢ったのかもしれない。もしかすると貴方の大切な人が逮捕されてしまったのかもしれません。この本は大麻が危険ではないということ、役に立つということ、大麻で逮捕するのは誰の事も幸せにしないということ、そして大麻取締法は改正が必要だということをわかりやすく説明するために書かれました。
執筆においては科学的知見を重視し、なるべく正確で賞味期限の長い言葉を紡ごうと努めてはいますが、おそらくいくつかの誤りを含むでしょう。知識は常に更新されていきます。これは、現時点における私の自己ベストです。どうぞお楽しみください。

(はじめにより)

[目次]
1章 大麻は本当に危険なのか?
2章 禁止と合法化の歴史、世界の変化
3章 内因性カンナビノイドの発見とCBD革命
4章 医療大麻と疾患
5章 CBDの適応と可能性
6章 CBD使用の実際とよくある質問
7章 医療制度と大麻
8章 日本における取り組みと展望