彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

福沢諭吉が書き残した元祖「地球の歩き方」

福沢諭吉が見た150年前の世界
『西洋旅案内』初の現代語訳

福沢 諭吉著/武田 知弘訳 

フクザワ ユキチ/タケダ トモヒロ 

サムライたちがフランスの高級ホテルで迷子に

ISBN978-4-8013-0536-6 C0021 256頁

発売:2021-06-25 判形:4-6 1刷

税込1650円(本体1500円+税)在庫あり

(在庫は2021/09/22 09:11:30の状況です)
846(y26)t0:k400:s325;h820

福沢諭吉が見た150年前の世界<br><span style='font-size:9pt;color:#666;'>『西洋旅案内』初の現代語訳</span>

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
武田知弘・訳(たけだ・ともひろ)
1967年生まれ、福岡県出身。
出版社勤務などを経て、フリーライターとなる。
歴史の秘密、経済の裏側を主なテーマとして執筆している。主な著書に『ナチスの発明』『教科書には載っていない 大日本帝国の真実』『教科書には載っていない 大日本帝国の国家戦略』(いずれも彩図社)、『ヒトラーの経済政策』『大日本帝国の経済戦略』(祥伝社)などがある。

[内容]
近代化に影響を与えた福沢諭吉は、「冒険の人」でもありました。若いころに故郷を飛び出して長崎、大坂などで学び、開国後は洋行使節に紛れ込んで、西洋の地を踏みました。
そんな福沢諭吉が明治維新直前に出版したのが、日本初の海外旅行ガイドブック『西洋旅案内』です。切符の買い方や旅程など実用的な情報はもちろん、政治制度や価値観の違いなど、あらゆる事柄がとらえられています。
この『西洋旅案内』の現代語訳を通じて、福沢諭吉ら幕末の武士が驚いた西洋文明の有様を本書で描きました。時代背景を理解しやすいよう、解説を交えているので、予備知識は必要ありません。本書を通じて19世紀欧米への船旅をお楽しみいただけると幸いです。

[目次]
第一章 世界旅行の心得
第二章 アジア、アフリカを巡ってヨーロッパへ
第三章 サムライたちのヨーロッパ珍道中
第四章 アメリカ航路の案内
第五章 サムライたちのアメリカ珍道中