彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

最もわかりやすくて刺激的な裏社会の教科書

常識として知っておきたい裏社会

懲役 太郎著/草下 シンヤ著 

チョウエキ タロウ/クサカ シンヤ 

裏社会はあなたのすぐそばにある

ISBN978-4-8013-0590-8 C0095 224頁

発売:2022-03-25 判形:4-6 3刷

税込1430円(本体1300円+税)在庫あり

(在庫は2022/05/27 10:06:31の状況です)


837(y410)t3:k341:s0;j424;(c5504;o8184)

常識として知っておきたい裏社会

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
懲役太郎(ちょうえき・たろう)
バーチャルYouTuber。2018年に活動を開始。YouTubeチャンネル登録者数40万人、総再生回数は1.5億回を超える(2022年3月現在)。「バーチャル刑務所」に服役中で、「前科三犯、893番、懲役太郎です」の挨拶がお決まり。

草下シンヤ(くさか・しんや)
1978年、静岡県沼津市生まれ。彩図社書籍編集長、作家、漫画原作者。趣味は取材。YouTubeチャンネル『丸山ゴンザレスの裏社会ジャーニー』のプロデューサーとしても活躍している。著書に『裏のハローワーク』『半グレ』(彩図社)など。

[内容]
「懲役太郎チャンネル」40万人&「裏社会ジャーニー」70万人
YouTube登録者数110万人超えの2人が対談。

現代日本では表と裏との境界が曖昧になり、犯罪の魔の手はあちこちから忍び寄っている。しかし、裏の世界の実情について、一般からうかがい知ることは困難だろう。
本書では、裏社会情報の発信者として注目を集める2名による対談を行った。身を守るためにも「常識」として知っておきたい、裏社会のさまざまな事情を詳細に解説。
ヤクザや半グレとは何か? どのような活動を行っているのか? どこに危険が潜んでいるのか? 警察や刑務所の内情は?
豊富な経験から語られる真実がここにある!

[目次]
第一章 常識として知っておきたいヤクザ
第二章 常識として知っておきたい半グレと外国人マフィア
第三章 常識として知っておきたい闇バイト
第四章 常識として知っておきたい薬物
第五章 常識として知っておきたい警察と刑務所
第六章 常識として知っておきたいヤクザと子ども