彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。お知らせ

書籍情報

人生にも仕事にも役立つやさしい哲学の話

教養として知っておきたい 33の哲学

沢辺 有司著 

サワベ ユウジ 

ソクラテス,デカルト,メイヤスー…古代から現代まで33の哲学論

ISBN978-4-8013-0684-4 C0010 256頁

発売:2023-09-25 判形:4-6 1刷

税込1430円(本体1300円+税)在庫あり

(在庫状態は2024/06/14 09:28:30の状況です)


1629(y47)t0:k200:s1306;j1582;(c1377;o6627)

教養として知っておきたい 33の哲学

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
哲学とは、「知恵を愛する」ことです。“本当のこと”を知ろうとすることです。
――自分がいるこの世界ってなんだろう? 
――そもそも、自分の存在ってなんだろう? 
こんな素朴な疑問に対して、“本当のこと”を知ろうとしたことから哲学ははじまっています。
本書では、こんな疑問と向き合った西洋の「哲学者」と呼ばれる人たち、33人の思想をまとめています。古代ギリシアから現代まで、主要な哲学者の思想のポイントを、図解も交えながら、ていねいに解説しています。
読了後、窓の外の世界は、昨日までとは少しちがった表情をしているかもしれません。

※本書は『図解いちばんやさしい哲学の本』(2013年、小社刊)に加筆・修正し、再編集したものです。

[目次]
第1章 哲学をつくった哲学者
第2章 近代思想をつくった哲学者
第3章 近代思想を揺るがした哲学者
第4章 現代思想を導く哲学者


[著者略歴]
フリーライター。横浜国立大学教育学部総合芸術学科卒業。
在学中、アート・映画への哲学・思想的なアプローチを学ぶ。編集プロダクション勤務を経て渡仏。パリで思索に耽る一方、アート、旅、歴史、語学を中心に書籍、雑誌の執筆・編集に携わる。現在、東京都在住。
パリのカルチエ散歩マガジン『piéton(ぴえとん)』主宰。
著書に『図解 いちばんやさしい哲学の本』『図解 いちばんやさしい三大宗教の本』『図解 いちばんやさしい地政学の本』『図解 いちばんやさしい地経学の本』『図解 いちばんやさしい世界神話の本』『ワケありな映画』『ワケありな名画』『ワケありな本』『ワケありな日本の領土』『封印された問題作品』『音楽家100の言葉』『吉田松陰に学ぶ リーダーになる100のルール』『本当は怖い 仏教の話』『要点だけで超わかる日本史』『地政学から見る日本の領土』(いずれも彩図社)、『はじめるフランス語』(学研プラス)、『地政学ボーイズ』(原案・監修/ヤングチャンピオン)などがある。