彩図社(さいずしゃ)は、読者の好奇心を本にする出版社です。お知らせ

書籍情報

25人の哲学者たちから楽しく生きるための考え方を学ぶ

60歳からの哲学
いつまでも楽しく生きるための教養

小川 仁志著 

オガワ ヒトシ 

人生は60歳からが面白い!

ISBN978-4-8013-0708-7 C0010 224頁

発売:2024-02-22 判形:4-6 1刷

税込1430円(本体1300円+税)在庫あり

(在庫状態は2024/07/16 15:40:31の状況です)


2123(y486)t0:k0:s1613;j1637;(c1554;o10730)

60歳からの哲学<br><span style='font-size:9pt;color:#666;'>いつまでも楽しく生きるための教養</span>

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[内容]
「老い」や「死」は、人間にとって避けられない大きな問題です。古くから哲学者たちは、この問題とうまく向き合っていくすべを説いてきました。一般的にネガティブと思われる老いや死ですらも、哲学次第で見方を変えることができるのです。
本書では「老い」「病」「人間関係」「人生」「死」の5章に分け、古今東西25人の哲学者の言説を参照しながら、老いの悩みを乗り越えるためのヒントを紹介していきます。賢人たちから、人生をより楽しむためのコツを学んでいきましょう!


▶本書で取り上げる人物……キケロー、ボーヴォワール、モンテーニュ、ユング、鷲田清一、アラン、エピクロス、メルロ=ポンティ、老子、ニーチェ、和辻哲郎、ホッファー、レヴィナス、ショーペンハウアー、フロム、ラッセル、ジンメル、ヒルティ、三木清、アリストテレス、ジャンケレヴィッチ、デーケン、デュルケーム、ハイデガー、モラン

[目次]
第1章 老い
第2章 病
第3章 人間関係
第4章 人生
第5章 死


[著者略歴]
1970年、京都府生まれ。哲学者・山口大学国際総合科学部教授。
京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。商社マン(伊藤忠商事)、フリーター、公務員(名古屋市役所)を経た異色の経歴。徳山工業高等専門学校准教授、米プリンストン大学客員研究員等を経て現職。
全国各地で「哲学カフェ」を開催するなど、市民のための哲学を実践している。また、テレビをはじめ各種メディアにて哲学の普及にも努めている。NHK・Eテレ「世界の哲学者に人生相談」、「ロッチと子羊」では指南役を務めた。最近はビジネス向けの哲学研修も多く手がけている。専門は公共哲学。
著書も多く、ベストセラーとなった『7日間で突然頭がよくなる本』や『ジブリアニメで哲学する』、『不条理を乗り越える』、『前向きに、あきらめる』等をはじめ、これまでに100冊以上を出版している。YouTube「小川仁志の哲学チャンネル」でも発信中。