彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

電車を停めると、〝1億円〟請求されるって本当なのか?

鉄道噂の真相
現役鉄道員が明かす鉄道のタブー

大井 良著 

オオイ リョウ 

鉄道にまつわる噂や謎、その真相がついに明かされる!

ISBN978-4-88392-640-4 C0095 256頁

発売:2008-06-23 判形:B6 1刷

本体524円+税(税込566円)在庫僅少

(在庫は2017/10/16の状況です)
21(21)0:0

鉄道噂の真相<br><span style='font-size:9pt;color:#666;'>現役鉄道員が明かす鉄道のタブー</span>

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
1971年、神奈川県出身。
某大手私鉄に勤務する現役鉄道員。
「鉄道会社による」「利用者のための」「鉄道員が支える」鉄道をめざすべく、勤務の傍らで執筆活動に勤しんでいる。
現在は鉄道関連の長編小説を執筆中。著書に『鉄道員裏物語』(小社刊)がある。

Mailアドレス oi_ryou@yahoo.co.jp
mixiアドレス http://mixi.jp/show_profile.pl?id=14463166

[内容]
通勤や通学の足として、毎日のように利用する鉄道。だが、それほど身近な乗り物であるにもかかわらず、都市伝説的な噂や謎がまことしやかに囁かれている。
「電車を停めると、1億円請求される?」
「人身事故はバイトが処理している?」
「電車の扉は走行中でも開く?」
真相はいったいどうなっているのか。
その疑問に大手私鉄に勤務する、現役鉄道員の著者が答える、鉄道ファンだけでなく、鉄道利用者必見の鉄道裏話!