彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

なぜ理性的なドイツ国民がヒトラーに熱狂し、意のままに動いてしまったのか?

ヒトラーの大衆扇動術

許 成準著 

ホ ソンジュン 

ヒトラーの演説会は、すべて周到に計画された演出だった。

ISBN978-4-88392-751-7 C0034 255頁

発売:2010-07-09 判形:4-6 3刷

本体1429円+税(税込1543円)在庫僅少

(在庫は2017/07/21の状況です)
334(39)0:295

ヒトラーの大衆扇動術

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
2000 年KAIST(国立韓国科学技術院)大学院卒(工学修士)。
卒業後 、ゲームクリエイターとして「Kingdom Under Fire」シリーズ などのゲームの企画・プログラミングに参加。
ゲームクリエイターとしてベンチャー企業に勤務したが、成功するチームと失敗するチームを経験することにより、成功する組織作り・リーダーシップについて研究を始める。
2005 年以降、ビジネス・リーダーシップ関連の著作を多数執筆。
主な著書に「一時間で読める孫子の兵法と兵法36系」、「一時間で読めるマキャヴェッリの君主論」などがある。
「ヒトラーの大衆扇動術」は、悪人と言われるヒトラーのリーダーシップを分かりやすく分析した著作で、2005 年に韓国で出版され、企業の研修等で好評を得た。

[内容]
現代社会で仕事を成功させようと思えば、常に、人を説得しなければならないという場面に出くわすものだ。しかし、人は何か得るものがなければ、他人が望むとおりに動くことはない。
たとえ上司という命令ができる立場であっても、部下を思いどおりに動かすことは容易ではない。多くの人が「他人を動かすのは難しい」と嘆き、「対人関係に最もストレスを感じる」と言うのである。
ところが、数千万の人々を集団催眠にかけ、自分の意志どおりに操った人物がいる。それは、アドルフ・ヒトラーだ。
ヒトラーは、第二次世界大戦を起こしてユダヤ人を虐殺した人物としか思われていないが、詳しく調べてみると、とてつもなく非凡な人物だったことが分かってくる。
若い頃のヒトラーは、大学入試に二度も失敗し、小さな下宿部屋に閉じこもって政治関連の書籍を読みふけっていた、現代ならニートと呼ばれる若者の一人だったのだ。