彩図社は、読者の好奇心を本にする出版社です。

書籍情報

人前で話すのが怖い、電話を取るのが苦手、飲み会の場で極度に緊張する…

ぼくは社会不安障害

伊藤 やす著 

イトウ ヤス 

人前で何かをするのが怖い…

ISBN978-4-8013-0251-8 C0195 224頁

発売:2017-08-15 判形:文庫 1刷

本体630円+税(税込680円)在庫あり

(在庫は2017/10/16の状況です)
2327(229)0:2098

ぼくは社会不安障害

お近くの書店あるいは下記ネット書店でお求めください

[著者略歴]
東京都出身。専修大学経済学部卒業。小学生で社会不安障害を発症。闘病しながら普通科の高校に進学し大学を卒業する。卒業後はアルバイトやメーカー、商社などで勤務。民間企業で働いている際にうつ病を併発。会社員をしながら、患者目線で社会不安障害やうつ病、精神科医療、福祉、行政などメンタルヘルスに関わる様々な問題について研究している。

[内容]
社会不安障害(SAD)という言葉を聞いたことがありますか? これは、「あがり症」や「対人恐怖症」に近い病状が表れることが特徴の、「不安障害」という精神疾患の一種です。
人前で話すことやプレゼン発表などの場面に緊張感を覚える人は多いと思いますが、社会不安障害の人の場合、それが本当に顕著なのです。ひどいときにはその1週間前から不安感に襲われ、いざ本番になると激しい動悸や発汗、声が出なくなったり震えたりするという症状が出て、腹痛、吐き気に見舞われることもあります。すると、「どうにかその場面を回避できないか」という回避行動をとるようになり、社会生活に支障が出てしまうのです。

私は東京生まれ、東京育ちの30代の男性です。小学生で社会不安障害を発症し、20年以上闘病しています。大学を卒業して企業で働いているときにうつ病も併発し、転職を繰り返してきました。
長年の闘病経験とそこから感じた社会不安障害やうつ病のこと、日本の精神科医療の問題、世間の精神疾患に対する偏見や差別などについて、この本に書き記しています。(「はじめに」より)

[目次]
第1章 社会不安障害ってどんな病気?
第2章 病気に翻弄された学生時代
第3章 山あり谷ありの社会人生活
第4章 精神科医療の問題点と病院・治療法の選び方